クレジットカード現金化するために金券ショップで売っても大丈夫?

やみつきになるクレジットカード現金化では、注目を集めているクレジットカード現金化の選び方の気にすべきポイントやコツを何れよりも周到に徹底敵に全うしているページであります。クレジットカード現金化が初めてのヤツでも安心して入手するということが可能になると思います。 - クレジットカード現金化するために金券ショップで売っても大丈夫?

やみつきになるクレジットカード現金化

クレジットカード現金化するために金券ショップで売っても大丈夫?

クレジットカード現金化する方法には自分で行う、または業者を通すと主に2種類あります。このうち自分で行う方法には換金性の高い商品をクレジットカードで購入し、金券ショップで売ると言うやり方がありました。しかしこのやり方には注意が必要です。

カード規約違反になる

換金するためにクレジットカードを利用すると言う行為はカード規約違反に該当します。カード会社にもよりますが会員規約には換金するために商品を購入した疑いがある場合、あるいは不審があると判断した場合は会員資格を取り消しすると言う記載があります。

カード利用停止だけならそのうち停止解除される可能性があるものの、会員資格が取り消しになってしまうと大変です。クレジットカードを作成する時に会員規約をよく読んで下さいと書かれているはずなので知らなかったでは通らないです。換金性の高い商品を何度も購入すると、カード会社は換金するために利用しているとすぐに分かりますので注意が必要です。

横領罪になる

クレジットカードで商品を購入した場合、その商品代金は会員に代わってカード会社がショップに支払しています。会員はショップでは無くカード会社に支払を行いますが、この支払が終わるまで商品の所有権はカード会社にあります。まだカード会社に所有権のある商品を転売して現金化した場合、横領罪になる可能性があります。

横領罪には単純横領罪、業務上横領罪、遺失物等横領罪があり、クレジットカード現金化の場合は単純横領罪となります。単純横領罪となると刑法252条により五年以下の懲役となってしまいますので注意が必要です。横領により取得した商品は没収となりますので手元には残らないです。

ただしカード会社への支払が終了すれば、購入した本人に所有権が移ります。本人に所有権のある商品を転売しても横領罪とはならないです。

最後に

もし会員資格取り消しになるリスクがあっても現金化したいと言う方は、行わないほうが良いもののカード会社への支払が終了してから転売するしかないです。クレジットカードを利用した場合、締日に利用代金が確定し、支払日にその確定した利用代金が引き落としされる仕組みになっているため、当然ながら急ぎでも間に合わなくなります。

クレジットカード現金化お陰で学ぶTOPへ